ryokuyukai のすべての投稿

職業ガイダンス「卒業生に聞く」の講師登録のお願い

生徒の皆さんに職業ガイダンスをしていただけませんか。
 この3月に61期生が巣立ち、1期生からの卒業人数は2万6千名にも及びます。緑友会の皆様はそれぞれの分野でご活躍のことと存じます。
 高校時代は職業選択の岐路にたっています。進路部でも進路ガイダンスは実施していますが、先輩の皆さんに直接お話を伺うことができればとても参考になり、一層の励みとなります。すでにリタイアされた皆さんも、現役の皆さんも歓迎です。登録制で年に一回、教室で話しをしていただきます。
 今年については、すでに終了しましたので、来年以降に向けての登録になります。6月第4木曜日の午後1時に来校していただき、40分間、同じ内容で2回、1年生の生徒にご自分の職業体験を話していただきます。お仕事につかれたきっかけ、お仕事のやりがい、お仕事をしているうえで大切にされていること、何か後輩に伝えたいメッセージなどです。
 詳細につきましては同窓会事務局までご連絡下さい。

● 職業ガイダンス「卒業生に聞く」●

毎年6月第4木曜日の5・6限に行われる、東住吉高校1年生の総合学習です。
講師となる卒業生に来校していただき、ご自身の職業体験を40分間ほど5限・6限の2回お話しいただきます。
毎年十数名の講師は、1年生担当の先生方が登録者の中から選ばれます。
いつまでも採用されない場合や何度も採用される場合もありますが、ご了承ください。
なお謝礼はありませんが、緑友会より交通費(全額ではなく一律少額)の支給があります。

● 講師登録のお願い ●

※登録していただける方は各項目に記入の上、メール(info@ryokuyukai.org)などで送ってください。
1.期生(分からなければ年齢)
2.お名前
3.性別
4.お仕事
5.仕事についたきっかけ
6.仕事のやりがい
7.仕事をやめようと思ったことはあるか
8.仕事をするうえで大切にしていること
9.後輩へのメッセージ
10.連絡先(電話番号など)

<今年度「卒業生に聞く」の報告>

ライブラリー散策

TJMOOK家族が亡くなった後の手続きガイド(宝島社 監修 荒巻善宏(43期)他)
かつて『お葬式』という映画がありました。突然義理の父の喪主となった主人公を中心に右往左往する親族のドタバタを描いた伊丹十三の傑作です。ことほど左様に、誰かが亡くなることは周りの人々を巻きこんで、煩わしく膨大な手続きや細々とした課題整理が求められます。本書はその手続きや知っておきたい知識について、非常に完結かつ判りやすく整理されています。
一周忌までにやらなければならないことをタイムテーブルで分類し、それぞれの項目のインデックスに対象が誰でいつまでにすべきかが明記され、書類の書き方や添付資料についても図解で示されています。
また、本書は家族のためだけでなく、本人の生前整理のコツも示しており、付録として「エンディングノート」がついています。本人が資産、人間関係、葬儀の希望などをとりまとめ、親族と話し合える資料として一家で活用できる良書です。「終活」という言葉が話題となって早や10年。いよいよ多くの人々が直面する課題を見事に解決してくれる一冊です。
荒巻善宏さんは相続税専門税理士法人の代表を務める税理士で、土地相続のための評価テクニックの著作を多数刊行するなど第一線で活躍されています。本書でも相続税や土地相続等税理面の監修を担当されています。

17期 伊原 徹

11期生 学年同窓会

11期生 学年同窓会
日   時:平成30年10月20日(土)
場   所:大阪第一ホテル(大阪市北区梅田1-9-20)
代表幹事:寺﨑信
お問い合わせ電話番号:090-8824-7278
お気軽にお問い合わせください。
お一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。
思い出、近況等楽しく語り合いましょう。