kawamoto のすべての投稿

会長だより ㉒ 「日常」を取り戻してくれた君たちへ

(2024年3月3日)

「日常」を取り戻してくれた君たちへ

緑友会長 川本正人(21期)

1日に行われた普通科67期、芸能文化科29期、計265人の卒業式。その前日、式の予行の合間に、緑友会の入会式もありました。体育館に集まった生徒たちは、拍手を交えながら、会の話を朗らかに、しっかりと聞いてくれました。以下私からの歓迎のごあいさつを一部採録し、卒業生へのはなむけとさせていただきます。

◇ ◇ ◇

まず、皆さんにお礼を申し上げたい。母校によく、「日常」を取り戻してくれました。本当にありがとう。

皆さんが入学されたのはコロナ禍の真っただ中。伝統行事が中断し、登校もできず、私たちは「体育祭できるやろか」「卒業公演はどうやろ」「部活や授業は」と気をもんでいました。しかし今日を迎えてみると、皆さんはまるで、そんなことはなかったかのように明るく、これまで以上に母校を盛り上げ、伝統をつないでくれました。これは卒業生にとっても、すごくうれしいことです。

その卒業生は2万8000人超。ここまでになると、あらゆる分野、地域、年代でその存在を感じられます。例えば私は普通科21期生です。皆さんとご縁のあった21期生というと、代表は島本一彦先生。17年間、皆さんがお生まれになったころから母校の教壇に立っていました。いよいよこの春、担任をした皆さんと一緒に〝卒業〟されます。もう一人。年1、2回、進路講演会で近畿大学から来ている講師。「夢実現に向けて」と、楽しくためになる話をしていた彼も21期生です。私と同じハンドボール部でした。全国を飛び回る人気講師で、もうすぐ講演4000回を数えます。

このように、21期生に絞ってもすぐ1人2人の顔が浮かびます。それが66期生分いるのです。これはすごい財産です。

しかもこの卒業生たち、たくましくて、母校に愛着を抱いている人が多いです。私たちの母校は、「ぶっ飛んだ経験」「規格外の経験」ができます。例えば伝統行事に学年やクラスを越えて取り組み、力を合わせ、ぶつかり、延々と練習を重ねて一つの形にする。そして思いもよらなかった感動に包まれる。こうした経験です。勉強、スポーツ、技能の習熟に秀でた学校はありますが、それらの土台となる「人間力」を養う場を、全ての生徒に、何度も提供している学校は多くありません。

そして、私たち卒業生も全員、皆さんと同じ空間で、同じような経験をしています。私たちが年齢に関係なく母校を語れるのは、この共通体験のおかげなのです。そういう絆で結ばれた皆さんに、私たちは連帯感を持っています。何かあったら必ず味方になってくれるはずです。

これからの時代、大きな変化があらゆる分野で起きます。戸惑うこともあるでしょう。けれど島本先生に習った日本史でお気づきように、これまで「激動」でなかった時代はありません。常に課題があり、それを乗り越えて次代につなぐ、その繰り返しでした。

皆さんはすでに、皆で乗り越える経験をしています。たくましさも身に着けています。周囲には大勢の卒業生がいます。ですから自信を持って、明るく積極的に、時代に乗り出してください。

もちろん、私たちも応援しています。

「(仮称)緑友ホール」空調工事の入札について

東住吉高校学校食堂改修「(仮称)緑友ホールプロジェクト」について、1月から2月にかけてコンペ(設計競技)を行い、複数のグループから魅力的なご提案をいただきましたが、70周年記念事業実行委員会(学校、緑友会など4団体で構成)で審査の結果、提示額が予算を上回っていたことなどから仕切り直しとなりました。

そこで改めて「空調設備工事」の入札を行います。参加受付開始は2024年3月13日(水)午前10時、締め切り・入札開始は同日午前11時です。

応札をご検討の方は、緑友会へメールでご連絡ください。入札説明書、特記仕様書、入札金額内訳書をお送りします。

緑友会メールアドレス info_ryokuyukai@yahoo.co.jp

空調設備工事に続き、内装および外構工事についても仕上げ表を作成しているところです。
追って入札を告示します。

70周年記念事業実行委員会委員長・緑友会長 川本正人

会長だより ㉑ おいちゃんのお稲荷

(2023年11月14日)

おいちゃんのお稲荷

緑友会長 川本正人(21期)

食堂を営んでいたおいちゃん(64)は、5年前に奥さんをがんで亡くしました。親子遊びなど楽しい時間を提供するボランティアサークルで活躍した人でした。緩和病棟に入り、自分は何も口にできなくなってからも、夫の作るうどんやすしを家族やお見舞いの人々に食べてもらい、それをうれしそうに眺めていたそうです。

おいちゃんが2年前にキッチンカーを買ったのも、介護施設などで暮らす人たちに、出来立ての料理を食べてもらいたかったから。「あの時のヨメさんの顔が、忘れられへん」という理由です。

この11日(土)、母校の恒例行事「チャリティー100㎞リレーマラソン」に、そのキッチンカーがやってきました。40年間頑張ってきた店を5月末に閉じたばかりのおいちゃんが、緑友会の応援炊き出しに、ボランティアで参加してくれたのです。

藍染めの作務衣を着込んで車内にこもり、生徒たちに振る舞ったのは稲荷ずし。一皿2個で、1つにはカニかま、チーズ、べったら漬け、もう1つにはツナマヨ、しば漬け、しいたけ昆布、べったら漬けをのせた、若者向けのオリジナル。正午のスタートに先立ち、朝8時から延々6時間、1030個を黙々と詰め続け、順に走り終えた生徒たちが「うまっ」「おいしい」と一皿残らず平らげてくれました。

「ヨメさんの遺志を継ぐって言うたらたいそうやけど、あんなに喜んでもろて、やってよかったわ」とおいちゃん。旧友たちにそう呼ばれる21期生、堺市「志乃家」の出張料理人・伯井弘行さん、ごちそうさまでした! ホンマ、おおきに!

チャリティー100㎞リレーマラソンは、生徒たちが1周250㍍をリレーし、賛同した人々からの寄付金をネパールの子どもたちなどに贈る取り組みです。今年で18回を数え、緑友会も近年、コースわきにエイドステーションを設けて応援しています。これまでは市販の飲食品の提供でしたが、今回は「ライブ感のあるにぎわい空間づくり」「卒業人材の活用」というコンセプトを前面に、初めて炊き出しにしました。

提供したのはキッチンカーの稲荷ずし、大鍋の豚汁、デザートのミカン。すし米10升は会員4人が家で炊き、伯井さんの用意した酢などを合わせて持ち込みました。豚汁の野菜も3人が前日に刻んで1回分ずつ袋に小分け。当日は伯井さんと事務局の女性スタッフが揚げにすし米を詰め、この日初めて応援に来てくださった男女7人の21期生らがトッピング。豚汁はプロパン3本と五徳3基に携帯コンロも併用し、会の役員やスタッフが約500杯を出しました。

「縁は異なもの」と題した「会長だより①」から20回超。こうした取り組みを通じ、ご縁の大切さを一層強く感じるこのごろです。伯井さんの登場でチャリマラの風景が一変したように、2万8000人を超える卒業生がそれぞれの形で協力し合えば、緑友会は相当の力を発揮できるはず。伯井さんとの経緯を含め、さまざまなご縁、ご協力については、改めてご紹介します。
100kマラソン

11/11(土)のチャリティー100kmリレーマラソンを、キッチンカーで炊き出し応援します!

11月11日(土)、母校の第18回「チャリティー100kmリレーマラソン」が、正午から約3時間、校庭で行われます。生徒たちが1周250㍍を400周リレーし、企画に賛同した商店街や街の人たちから寄せられた浄財をネパールの子どもたちに贈る取り組みです。

緑友会は毎年、エイドステーションを開設して応援。コロナ禍が明けた今回は、これまでの市販食品の提供を改め、会員による初めての炊き出しを行います。

先ごろまで食堂を営んでいた伯井弘行さん(21期)が、キッチンカーとプロの腕で稲荷ずしを提供。ほかにも会員たちが大鍋で豚汁を振る舞う予定です。

緑友会はこの催しを、卒業生らが交流する「ホームカミングデー」と位置付けています。気軽にお立ち寄りください。

会長だより ⑳ 「思い出」支援 ―― 平均75歳の霧ヶ峰再訪に寄せて

(2023年10月13日)

「思い出」支援 ―― 平均75歳の霧ヶ峰再訪に寄せて

緑友会長 川本正人(21期)

「モノより思い出。」というミニバンのキャッチコピーが出たのは1999年。バブル崩壊後の「失われた10年」真っただ中でした。あれから四半世紀。人生で一番やらなければならないことは「思い出の積み重ね」だと、年齢を重ねてますます思うようになっています。最期に幸福感をもたらすのは思い出です。それに思い出は「経験」とも言えます。打席に立つことで選球眼が磨かれるように、経験を積むほど人生を切り開く力は強まるはず。お金やモノと違い、失われることもありません。

学校時代の思い出に挙がる修学旅行。けれど東住吉高校では、創立以来30年近く、「霧ヶ峰キャンプ」が〝旅行〟の代わりでした。夏休み中の4泊5日、標高1600㍍の高原で学年丸ごと自活する全国でもまれな行事。寝場所は昔ながらの三角テント。周りにスコップで排水溝を掘り、水平とは言い難いデコボコの地面にロープとペグで設営しました。食事は飯ごう飯やカレー。まきが燃料です。飯ごうの火加減は「はじめちょろちょろ中ぱっぱ」。炊け具合は、小枝をふたに押し当てて感じるコトコトという響きと、お焦げのかすかな匂いで計りました。

多少の風雨ならそれもキャンプ。日中は登山や湿原散策、夜はキャンプファイヤー、そして星空……。太古の昔から、人類はほとんどの歳月をこのキャンプのように生きてきました。宇宙の悠久さ、自然の雄大さ、仲間たちとの一体感を全身に感じて過ごした昼夜は、「自分は小さい」と知る謙虚さと、「食べて眠れば生きていける」というしぶとい生き物感覚を呼び覚ましてくれたと思います。

車山山頂から望む八ヶ岳(正面)。右奥に富士山も浮かぶ(2023年10月、吉川憲司さん撮影)車山山頂から望む八ヶ岳。右奥に富士山も浮かぶ(2023年10月、吉川憲司さん撮影)

その霧ヶ峰を、先日、緑友会の役員ら3人を含む男女5人が2泊3日で訪れました。5期生3人(79~80歳)と16期生、18期生の混成チームで、平均75歳。この夏、同期生との食事会や緑友会の活動でそれぞれ霧ヶ峰が話題になり、互いのメンバーが結びついて「行ってみよう」となったそうです。最初は高校時代同様、大型バスを仕立てての再現旅行を計画しましたが、途中でハタと高齢に思い至り、安全優先で少人数に変更。母校の体育教師15年目の吉川憲司さん(68)(緑友会会計)運転のミニバンで7時間かけて現地入りし、メンバーの一人が63年間保存していたガリ版刷りの「しおり」を参考に行程を組みました。ホンマお元気や。

とはいえ、持病のある人は医師の許可を得ての参加。体調に配慮して一部の行程をホテルで過ごす人もありました。それでも一行は、高原の最高峰・車山(1925㍍)にリフトで上がり、日本アルプスの全景を望む360度の大パノラマを堪能。遠くの富士山にかかっていた雲も、「どっか行って!」「はよ行って!」の大阪弁に気おされたのか、やがてすっきり晴れてくれました。

メンバーの中には、高校当時、霧ヶ峰キャンプに行けなかった女性もいました。健康上の理由でした。彼女は今回、眠る同期生を部屋に残し、夜中に一人、ホテルを出たり入ったり。あの日見られなかった星空を、何とか一目と思われたそうです。長い間、ぽっかりぽっかり欠けたままだった思い出のピース。高原の夜風や流れ星は、ちゃんと届けてくれたでしょうか。

旅の楽しみは、計画段階、最中、行った後のそれぞれにあります。特に「行った後」の思い出は、いつでも何度でも楽しめる宝物です。

これは高校生活も同じだと思います。「卒業後」に残る青春の思い出が、たとえそれが苦いものであっても、決して無駄にならないことを、生きる力になることを、先ほどのメンバーたちが示してくださっています。

緑友会は、同窓会活動とともに「母校支援」を活動の柱にしています。後輩たちにさまざまな思い出を積み重ねてほしいからです。ご支援を募っている「(仮称)緑友ホールプロジェクト」もその一つ。いまだに空調機がなく、昼食時以外は施錠されている薄暗い学校食堂を「にぎわい空間」に改修する計画です。

完成目標は創立70周年の来年夏。生徒たちが明るく楽しく積極的にすごせる環境を少しでも整え、それがご支援くださった卒業生たちの思い出にもなればいいな、と思っています。

会長だより ⑲ 惜し、夏

(2023年9月18日)

惜し、夏

緑友会長 川本正人(21期)

 

昨日、二上山に登ると、ツクツクボウシがあちこちで鳴いていました。秋の気配を運ぶその声を、いにしえの人々は「つくづく惜し」と聞き、行く夏を惜しんだそうです。

今夏、酷暑と災害に見舞われ続けた現代人は、とてもそんな気持ちにはなれないでしょう。けれど私には一つだけ、「惜し」と思うことがあります。来年の母校創立70周年に向け、みなさまから広くご支援を募ろうと導入した2,000円定額の「コンビニ振込」が8月末で終了したのです。決済システム会社との取り決めによるものですが、大勢の方々にご利用いただいていただけに、もっとPRできなかったか、期間を交渉できなかったかと、心残りです。

7月の「だより⑮」の続きですが、今年度のご支援は、9月初めまでの5か月間で312万1,360円。昨年度1年分の2倍半になりました。件数は966件。これは4倍です。

金額の4割(117万2,000円)、件数の6割(586件)を占めたのが、6月から3か月間限定だったコンビニ振込。会報と一緒にお送りしたお名前入りの用紙をコンビニに持っていくだけで、会則で定めた応援会費1年分と同じ2,000円を送金でき、ご支援のすそ野が一気に拡がりました。一方、郵便振込によるご支援もグンと伸びました。高額のご厚志に加え、コンビニ振込用紙が郵便局でも使えたことから2,000円のご支援も増加。郵便振込だけで昨年度1年分の合計金額、件数を優に超えたのです。

今年度導入した「同窓会システム」では、ご支援金の内訳をさまざまな切り口で取り出せます。データを卒期順に並べるとグラフのようになりました。折れ線グラフは「金額」、棒グラフは「件数」です。

ご覧の通り、30期生前後(50歳代半ば)より上の世代はしっかり厚く、それより若い世代では一気に薄くなっています。人生の四季で言えば「青春・朱夏」と「白秋・玄冬」の間、ツクツクボウシの声聞くころが境目です。暮らしに多少とも余裕が生まれ、来し方に思いをはせる時期に当たるからでしょうか。

ちなみに金額でトップだったのは21期生(63~64歳)。49件、22万4,000円でした。私の期です。といっても転勤族だった私は級友たちと没交渉。起爆剤となってくれたのは、忘年会などで唯一つながっていた元ハンドボール部の仲間でした。ミニ同期会「バーベキュー大会in長居公園」を企画していた彼は、6月初め、参加者向けのLINEに一言添えてくれたのです。

「別件。お手元に緑友会報が届いているかと思います。会長に頼まれた訳ではないけど、応援してあげて下さい」

それからは「親子で振り込んだ」「ワシも行ってきた」といった報告が続々。バーベキューは雨予報で延期となりましたが、ご支援の方は夏嵐。全卒期を通して最も大口のご寄付もありました。みなさん、ホンマ、ありがとう。

クチコミの威力、ご縁の可能性はすごいです。みなさまもご友人へのお口添えを、ぜひお願いします。

さて、創立70周年に向けた取り組みはあと1年続きます。二上山のように次のピークを作っていくのが私たちの課題。どうしようかと考えながら下山していたら、ツクツクボウシが応援合唱を始めました。

〽 つくづく奉仕 / 続々押―し / すくすくよーし / あぁ、いーよ / 尽くしーよ / しっかりーよ / イェーッ!……。

会長だより ⑱ 「がきデカ」文化祭

(2023年9月2日)

「がきデカ」文化祭

緑友会長 川本正人(21期)

 

あんな模擬店がよく許されたものです。1975年9月の東住吉高校文化祭。私たち1年4組が開いたのは「ゲイ喫茶」。呼び物は「ゲテモノショー」、目的は「変態を楽しんでもらうこと」でした。

「今さら書かんでもええやないか」「母校の品位を考えろ」と早くも聞こえる制止の叫びは、空耳ではないでしょう。確かにあの企画は、学習活動の成果発表とはほど遠いものでした。悪ふざけだとマユをひそめた大人もいたはず。ダメ出しの理由はいくらでも挙げられたと思います。

けれど私は、それを明るく真面目に平然とやった生徒たちと、何も言わずにやらせてくれた母校に、半端ではない「自主の精神」を感じるのです。

ゲイ喫茶で女装男子(私)と記念撮影をする1年生たち

入学半年近くのクラス会議。出し物はすんなり喫茶店に決まりました。お手軽で楽しそうだったからです。ところがここから弾けます。「普通の店では面白くない」「どうしたらみんなに来てもらえるか」と差別化に話が進んだのです。その時、陸上で筋トレばかりやっていた水泳部の男子が案を出しました。「『がきデカ』の変態、やらへんか」。

「がきデカ」は、前年から週刊少年チャンピオンに連載されていた人気ギャグ漫画。2頭身の自称少年警察官が変態行動で騒動を巻き起こす1話完結ものです。「死刑!」などの一発ギャグと下ネタでインパクトを与えるとともに、劇画調の表現、ボケとツッコミの導入といった手法で現代ギャグ漫画の基礎を作ったとされます。

とはいえ当時は評価が定まっていたわけでなく、むしろ有害コミック扱い。にもかかわらず「がきデカ」に熱中し、教室で読んではガハガハ笑い声を響かせていた水泳部員が、あろうことか文化祭の教室でその世界をリアルに表現しようと言い出したのです。作品を評価する彼の目が、世間より確かだったといえなくもありません。

ショーの具体化にも真剣でした。漫画では次のコマで突然ギャグが飛び出したり、主人公が象に変身したりします。その落差と場面転換の速さが生む笑いをどう再現するか。「パッと出て、ビシッと決めて、サッと消えるんや」「真剣にやらなあかん。ヘラヘラしてたらシラケてまう」。不真面目な世界を真面目に表現する打ち合わせが続きました。

「変態の面白さ、さっぱりわからん」と思っていた私も感化されたのでしょう。「ゲイの方は任せとけ。美人に化けたるで」とすっかり乗り気に。クラスの女子に「服貸して」と、ご両親が目をむきそうなことを真面目にお願いし、ビチビチのワンピースを調達したのでした。

当日の教室。前半分は机を並べた舞台。窓は赤色系のカーテンで覆われました。ゲイ喫茶と言っても女装男子が給仕するだけ。怪しげな雰囲気はなく、店内に満ちたのはギャグ漫画に通じる即興的な笑いでした。

そしてショー。海パン1枚の水泳部員が単身、「ウォ~ッ!」と奇声を上げて舞台を走り、ピタッと止まって筋肉ポーズ。次の瞬間、ワキ毛に見立てたモヤシをむしってほお張り、あっという間に走り去るーー。時間にして数秒だった気がします。満席の店内は一瞬あぜん、そして大爆笑。がきデカには全く笑えなかった私でしたが、リアルな熱演には腹筋崩壊。そして胸中で叫びました。「受けたぞぉ!」。

日常生活を共にする級友同士だから生み出せた非日常の世界。それは起業・興行体験でもあり、その日限りの異次元体験プログラムでもありました。

母校のスローガン「二兎を獲る」の二兎は、文武両道だけでなく、動と静、攻と守、奮起と抑制、自由と規律など、さまざまな二律で考えていいと思います。社会を維持する「静・守・抑制・規律」、時代を前に進める「動・攻・奮起・自由」。どちらも不可欠です。そして東住吉の強みは後者を生む素地。時にはリミッター(抑制装置)を外してぶっ飛び、思いもしなかった世界を体感させてくれる伝統にあるのではないでしょうか。

1週間後の9日(土)は母校文化祭の一般公開日。ぶっ飛んだ企画、あるかなあ?

 

※ 次の文化祭では、緑友会もテントを設営します。正門からのメイン通り、緑のノボリが目印です。(仮称)緑友ホールプロジェクトのご案内、母校絵はがきの販売のほか、談話スペースも設けます。気軽にお立ち寄りください。

9/9(土)の文化祭に緑友会テントを設けます。お立ち寄りください。

9月9日(土)の母校文化祭一般公開日に、緑友会もテントを設営します。

正門からのメイン通り、緑のノボリが目印です。午前10時~午後3時を予定しています。

(仮称)緑友ホールプロジェクトのご案内、母校絵はがき(500円)の販売のほか、談話スペースも設けます。

気軽にお立ち寄りください。

会長だより ⑰ 40年目のメッセージ

(2023年8月19日)

40年目のメッセージ

緑友会長 川本正人(21期)

40年前の旧暦七夕、1983年8月15日に、彦星(アルタイル)に向けて、米国の電波望遠鏡からメッセージが送信されました。地球の数字や元素、太陽系、生物の進化、DNAの構造などを表した13枚の画像と子どもたちの音声です。地球外知的生命体の存在を仮定して週刊少年ジャンプ(集英社)が企画し、東大東京天文台(現国立天文台)教授らが実施。このような試みを日本人が行うのは初めて、世界でも2例目だったそうです。

そして今年の旧暦七夕、8月22日に、返信の受け取りが試みられます。協力するのは長野県にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の観測所。ふだんは小惑星探査機「はやぶさ2」などと通信しているパラボラアンテナを、1時間だけ彦星に向けるとか。彦星との距離は17光年。地球からのメッセージが2000年ごろに到達し、彦星人が内容を解析、返信内容を決めた後、電波を送り続けていれば、受診できる可能性はゼロではない……という、新聞で読んだお話です。

もし受信できたら、映画「コンタクト」(97年)のように科学、宗教、政治を巻き込んだ騒ぎになり、「地球人」の自覚が大勢に芽生えるかも。奇しくもアルタイルの星言葉は「空想的で現実的」とか。宝くじに似た期待を抱きます。

彦星に発信された「人間」と「女性の顔」の画像

 

発信された83年、国内では東京ディズニーランドの開園、家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター」の発売などがありました。貧しい農村に生まれながら経営者として成功する女性を描いて国際的ブームとなったNHK連続テレビ小説「おしん」もこの年の放映です。日本はその後、バブル崩壊や相次ぐ天災に見舞われるのですが、全体としては今も平和と繁栄の中にあると思います。けれど同時に、「40年分進歩したのかな?」というもどかしさも覚えるのです。

世界に目を転じると、83年にはソ連による大韓航空機撃墜事件や米軍のグレナダ侵攻、前年には「兵器の実験場」と言われたフォークランド紛争がイギリスとアルゼンチンの間で起きています。その後、ソ連解体やEU発足で冷戦に終止符が打たれるかと思ったら、「民族」や「国家」が争う時代に逆戻り。技術が発達した一方、温暖化なども進みました。地球人はどうも40年前と変わっていない。彦星人にはそう見えるかもしれません。

緑友会はどうでしょう。母校創立30周年の84年、会報4号(2㌻)が発行されました。前号から17年ぶりで、「同窓会活動を盛り上げていきたい」と、この年からの毎年発行を宣言しています。70周年を前にした私たちも思いは同じ。会報に加え、時代に合わせて同窓会システムやホームページといった電子技術の本格導入にも踏み切りました。

40年前に成人となった25期生は今年度、還暦同期会を開きます。ほかにもコロナ禍で控えられてきた同期会、同窓会、OB・OG会が企画され始めました。同窓会システムやホームページは、広報や所在不明者探し、出欠確認などに早速利用されています。

若いころの友人との再会で不思議に思うのは、会わなかった間の互いの人生がひとまずカットされ、過去と現在の時間軸がすんなり一本になることです。彦星に送信された画像のように素朴でシンプルな、隠しようのない「素」の自分で接するからかもしれません。先ほど触れた会報4号で、当時の会長が「同窓」という言葉の由来を原典の漢文を引いて解説し、「同じ学問をする者を同窓と言う。利害関係を越えた同志の結びつきである」と述べておられました(どこぞの会長とは格調が違いますわ)。なるほど、同じ学び舎で育んだ同窓の絆は、その後の個人に付いて回るようになった様々な要件とは無関係です。

だとすると、40年前と変わらずにいることが大切なこともある。その当たり前に思いが至り、気分が少し晴れました。

同窓のみなさんが心のパラボラアンテナを開き、時空を超えたメッセージを受信・発信できるよう、夏の星空に祈ります。

 

会長だより ⑯ ダイヤモンドの万華鏡

(2023年7月26日)

ダイヤモンドの万華鏡

緑友会長 川本正人(21期)

クールな若者が増え、「青春」という言葉が遠くなった……と寂しがっていたのは大間違いでした。この日曜日に招かれた芸能文化科第29回卒業発表会。マスクを外した素顔の3年生31人から噴き出したのは、まさに「青春」の熱風だったのです。

無観客だったコロナ禍を経て4年ぶりの通常開催。芸文棟の客席100余りは保護者らでいっぱいでした。舞台は正味3時間。「長いかな」と思っていたのに、幕が開くと全く目が離せません。「なんでやろ?」。理由がわからないまま、舞台がどんどん進みます。完成度の高さ。それもあるでしょう。古典芸能から演劇、幕間のドラマ映像やダンスまで、多彩な演目を一気に楽しめる異例の構成。これも理由でしょう。お笑いやダンスを披露していた生徒が、次には居住まいを正して和服で和楽器。この動と静の対照や可能性の豊かさに、うなったことも確かです。

けれど一番の理由は、そういう技術的なものとはちょっと違う……。モヤッとしていたら、舞台の生徒と目が合いました。これが実に楽しそう。演じているという気配もない、ひたむきで素直な喜びの表情です。そういえば、最初の演目「筝曲」を弾き終えて客席に向けた顔・顔・顔の晴れやかさ、続く日舞で和傘を手に「学園天国」をテンポよく踊った躍動感、幕間の体当たりコント、思えばどれも「今、最高に幸せです」という生徒たちのメッセージにあふれていました。これは、舞台という形で表現した青春時代の集大成。そう思うと、全員で一糸乱れぬ音曲を奏でるまでにかいた「汗」、できない悔しさで流した「涙」、励まし合い、ぶつかり合って育んだ「友情」まで見えるようでした。

終盤、そんな生徒たちの気持ちを、ストレートに表す演目がありました。3年生が一人ずつ手紙を読む「私たちの言葉」です。「家族へ」「10年後の自分へ」「芸文で学んだこと」の3つの題にほぼ10人ずつ、全員合わせて15分間。家族には「毎朝のお弁当」(これが意外と多かった)「話を聞いてくれたこと」「いつも味方でいてくれたこと」への感謝。10年後の自分には「今みたいに笑っていますか」「芸文の仲間と出会って今があることを大切に」「やりたいことをいっぱいやって」などの励まし。芸文で学んだことでは「感動は挑戦しないと生まれない。努力すれば感動も大きい」「認めてくれる仲間が自信をくれた」「可能性はいっぱい」「やりたいことに突き進む」といった力強い言葉。

そして多くの生徒が、読み終えたあと、客席と裏方の後輩たちに向けて同じ言葉を叫びました。「大好き!」と「ありがとう!」です。感極まってむせび泣く生徒も少なくなく、保護者でない私までウルッ。自分の気持ちを、こんなに真っすぐ、正面切って次々とぶつけてくる高校生たちって、います?

この学年は、コロナ禍で芸能文化の担い手たちの暮らしが不安定になったころに入学しました。将来に不安を覚えた生徒やご家族もおられたと思います。それだけに、「今、最高の景色が広がっています。制限のあった生活も全部、私たち31人でしか過ごせなかった、かけがえのない青春です」ときっぱり言いきった総合監督の女子生徒の、涙をこらえた終演口上が胸を打ちました。

「生徒はキラキラ輝くダイヤモンドのかけら。舞台はその生徒たちが集まった万華鏡」。開幕前に萩原美由紀校長がなさったあいさつです。たくさんの個性がきらめきながら、二度と生まれない模様を刻々と描き出す。一瞬の輝きに人々を引き込む。なるほど、ここは青春のカレイド・シアターやったんや。

一緒に見終えた緑友会の会報担当スタッフ(10期)も「ええ子たちでしたねえ」と感慨深げ。帰宅後すぐに送信してこられたのが上の写真です。熱風の一端をお感じください。